色々な視点でチェックする

Posted on 2017/1/16 By

リロケーションをしたいと考えた時には、貸し出すスピードも考えの中に入れておく必要があります。入居者が決まらない間は、収入が発生しません。入居者が決まらない事が長くなればなるほどマンションなどの持ち家の家賃分を損していることになります。

入居者決定までのスピードは、不動産会社の募集方法や広告の出し方などで影響ししまうので、綿密な打ち合わせは必要です。一般的にある賃貸物件の不動産投資との違いは、貸しだす物件が自分の持家であることです。また何年後には戻ってきて再び住む家です。普通の賃貸物件以上に、気を遣ってもらわなければ貸主としては、不安でならないものです。その為、対応を任せる不動産会社を選ぶときは慎重になりましょう。

そして、このような不安などを考えると、入居者の質も最初にしっかりと見極めておくことが必要です。それにはそのような募集方法にするのかなど、付ける条件などもあらかじめ決めておく必要があります。また、退去する時の原状復帰はどのような形にするのかなども確認しておく必要があります。リロケーションを行う中で意外に忘れてしまうことが、貸主が帰宅した時の対応です。

例えば海外赴任や転勤などで任期が決まっている場合、その期間が確実なものではなく会社の状況によって帰るタイミングが異なることがあります。入居者がスムーズに退去できない場合の時の保証なども確認しておきましょう。

未分類