マンションを貸すリロケーション

Posted on 2016/12/26 By

一戸建てやマンションなどに限らず、分譲住宅を持っている人が転勤などで住宅を離れる間、賃貸物件として持ち家を貸し出すことをリロケーションといいます。 所有している住宅を賃貸物件として扱うと、契約や家賃の受け取りなどいろいろな事を管理することになります。さまざまな管理を行うのがリロケーション会社です。

リロケーション会社により提供されているサービスは違いますが、契約や家賃の受け取り、留守中の庭の手入れやその他各所の清掃などのサービスを行っている会社があります。リロケーション会社選ぶときは、それぞれが提供しているサービスを確認して自分が最も必要なものを行っている会社を選びましょう。

マンションや一軒家などを留守中に貸し出すことに関しては、さまざまな不安もあります。一度貸してしまったことで、なかなか住人が出て行ってくれないのではないか、室内の破損や、周囲の環境を乱してしまうのではないかなどです。しかしリロケーション会社を通して持ち家を貸すことで、安心と保証がついてきます。

1992年の借地借家法では、期限付借家権が創設されていますし、2000年には定期借家権が導入されました。このような決まりが定められたことで、転勤者は期限付きで自マンションなどを賃貸住宅にすることが安心して行えるようになりました。リロケーションのみを専門としている会社もありますし、借りる側にもさまざまなメリットがあります。リロケーションは賃貸物件の1つとして認識されています。

未分類