色々な視点でチェックする

Posted on 2017/1/16 By

リロケーションをしたいと考えた時には、貸し出すスピードも考えの中に入れておく必要があります。入居者が決まらない間は、収入が発生しません。入居者が決まらない事が長くなればなるほどマンションなどの持ち家の家賃分を損していることになります。

入居者決定までのスピードは、不動産会社の募集方法や広告の出し方などで影響ししまうので、綿密な打ち合わせは必要です。一般的にある賃貸物件の不動産投資との違いは、貸しだす物件が自分の持家であることです。また何年後には戻ってきて再び住む家です。普通の賃貸物件以上に、気を遣ってもらわなければ貸主としては、不安でならないものです。その為、対応を任せる不動産会社を選ぶときは慎重になりましょう。

Link-http://xn--88j8j6dnb6cc5655n.com/

そして、このような不安などを考えると、入居者の質も最初にしっかりと見極めておくことが必要です。それにはそのような募集方法にするのかなど、付ける条件などもあらかじめ決めておく必要があります。また、退去する時の原状復帰はどのような形にするのかなども確認しておく必要があります。リロケーションを行う中で意外に忘れてしまうことが、貸主が帰宅した時の対応です。

例えば海外赴任や転勤などで任期が決まっている場合、その期間が確実なものではなく会社の状況によって帰るタイミングが異なることがあります。入居者がスムーズに退去できない場合の時の保証なども確認しておきましょう。

未分類


さまざまなリスクに対応しているか

Posted on 2017/1/11 By

一戸建てやマンションなどをリロケーション物件として人に貸し出す場合には、トラブルが発生することが無いとは限りません。リロケーションと言う行為では、さまざまなトラブルがありますが、例えば貸し出すオーナーが海外に住んでいる場合は、税金などの問題が出てきますし、リロケーションで起こる多くのトラブルは借り主との間で発生します。

良くあるトラブルは、家賃の支払いが滞納してしまう場合や最初に決めた物事を破ってしまうことで、貸家が破損してしまうなどのトラブルがあります。昨今でよくあるケースでは、賃貸契約の期間が満了しているにもかかわらず、借り主が貸し物件から退去してくれないと言うトラブルが多いです。

このような場合には、やはり個人的な力では問題が解決しない上に、それ以上になってしまいますので出来れば多くの案件をこなしてきている経験豊富なリロケーション会社などに対応してもらうことで、さまざまなトラブルが発生した場合に発生するリスクの対応についてのノウハウを駆使して、代わりに対応してくれます。もちろん、必ずトラブルが起こるというわけではありませんし、トラブルなしてリロケーションを行っている場合もありますが、万が一に備え、オーナーと借り主の間に立って交渉を行うことができるリロケーション会社を選ぶことは重要です。

未分類


基準を明確にしよう

Posted on 2017/1/5 By

リロケーション会社を選ぶ上で、どのような会社を選べばよいのか。その判断する基準はマンションなどのオーナーや物件その物によって違います。

オーナーがリロケーションで貸し出す物件の近くに住んでいて、貸す物件自体を自身で管理できる場合は、借り主との契約に関して法的な不備などをきちんと確認し、家賃の受け取りだけを代行する基本的な管理だけを行うだけで利用することもできますので、簡単な代行を行う会社に依頼するだけでも可能です。

このように、自身が持っている空き物件の近くに持ち主が住んでいて、家のメンテナンスなどのアンリが行える場合は、複雑な契約やその他のサービスは不要になりますので、管理手数料も安く済みます。

また、持ち家のオーナーが他県や他県ではないが遠い場合でリロケーションする期間が長期間になる場合は、それなりの管理が定期的に必要です。家の清掃や備え付けられているいろいろな機器の管理などメンテナンスを代わりに行ってくれるところが必要ですので、この場合は、総合的なサービスを提供しているリロケーション会社を選ぶことで、さまざまな事を代わりに行ってもらえます。リロケーション会社を選ぶ基準は、オーナーが物件に時間をどのくらいかけられるのかが重要になります。

未分類


マンションを貸すリロケーション

Posted on 2016/12/26 By

一戸建てやマンションなどに限らず、分譲住宅を持っている人が転勤などで住宅を離れる間、賃貸物件として持ち家を貸し出すことをリロケーションといいます。 所有している住宅を賃貸物件として扱うと、契約や家賃の受け取りなどいろいろな事を管理することになります。さまざまな管理を行うのがリロケーション会社です。

リロケーション会社により提供されているサービスは違いますが、契約や家賃の受け取り、留守中の庭の手入れやその他各所の清掃などのサービスを行っている会社があります。リロケーション会社選ぶときは、それぞれが提供しているサービスを確認して自分が最も必要なものを行っている会社を選びましょう。

マンションや一軒家などを留守中に貸し出すことに関しては、さまざまな不安もあります。一度貸してしまったことで、なかなか住人が出て行ってくれないのではないか、室内の破損や、周囲の環境を乱してしまうのではないかなどです。しかしリロケーション会社を通して持ち家を貸すことで、安心と保証がついてきます。

1992年の借地借家法では、期限付借家権が創設されていますし、2000年には定期借家権が導入されました。このような決まりが定められたことで、転勤者は期限付きで自マンションなどを賃貸住宅にすることが安心して行えるようになりました。リロケーションのみを専門としている会社もありますし、借りる側にもさまざまなメリットがあります。リロケーションは賃貸物件の1つとして認識されています。

未分類